歯科 治療費の全て

歯周組織再生療法

[歯科/歯医者 治療費の全て]

TOPページ

カテゴリ
歯周病の治療費TOP
歯周病の治療費 [軽度]
歯周病の治療費 [中等度]
歯周病の治療費 [重度]
歯周病の検査費用
スケーリング(歯石取り)
ルートプレーニング
歯周外科治療(フラップ手術)
歯周組織再生療法
歯周治療後のメンテナンス
抜歯(歯周病)



歯科の治療費 一覧表

歯医者さんに無料で相談できる!
日本最大の歯科相談・情報サイト

歯医者/歯科情報の歯チャンネル
歯医者/歯科情報の歯チャンネル


歯科医院の得意分野が分かる!
"革命的"歯科医院検索システム

歯科医院検索
歯科医院検索&マッチング



様々な歯茎のトラブルを
写真付きで分かりやすく解説!

歯茎の相談室
歯茎の相談室





歯周組織再生療法の治療費の目安



《保険治療の場合》


内容 補足 治療費
歯周組織再生療法の多くは保険外の治療法です




《保険外(自費)の場合》


内容 補足 治療費
骨移植 腸骨などから採ってきた自分の骨を使う方法【自家骨移植】と、人工骨などを使う【他家骨移植】があります。 5〜10万円/1部位
エムドゲイン 骨を作ると言われている薬剤を使う方法です。シリンジには7mlと15mlの2種類があります。(当然15mlのほうが高額です) 5〜15万円/1部位
GTR GTR膜という膜を使う方法です。
2008年から保険適応になりました。

TOTAL 5〜15万円



治療内容の解説

歯周組織再生療法とは、歯の寿命を延ばすために、歯周病で溶けてしまった骨を回復させることを目的として行われる治療です。

歯周組織再生療法には様々な方法がありますが、代表的なものとして「骨移植」、「エムドゲイン」、「GTR」などがあります。(どの治療法になるのかは、歯科医院によって異なります)

治療が成功して骨が出来るかどうかは、どの方法を用いて治療を行ったのかということよりもスケーリング・ルートプレーニングによって感染物質が徹底的に除去できているかどうかや、その後のメンテナンスがしっかりと出来るかどうかなどがポイントとなります。

また、歯周組織再生療法はほとんどの場合保険外治療となりますが、一部保険適用となるケースもありますので、詳細は歯科医院にお問い合わせ下さい。

また、2008年よりGTRが保険適用となりましたが、保険点数(約9000円)よりも材料代(約1〜3万円)のほうが高いため、実際に保険でGTRを行っている歯科医院はほとんど無いというのが現状です。



歯周組織再生療法についてもっと詳しく!




[歯科 治療費の全て] の注意事項

  • 保険の治療費は3割負担の場合の、大まかな目安(どんぶり勘定)です。
  • 保険の治療費に関しては、患者さん側の条件により料金が上下する場合があります。(例えば、歯の本数が少ない場合には安くなったり、6歳未満の子供の場合には高くなったりすることがあります)
  • 保険外の治療費はあくまでも相場ですので、歯科医院によっては当サイト内での説明と異なる場合もあります。
  • 治療を受ける際には治療費だけで治療法を決めるのではなく、治療内容や担当の歯医者さんの意見なども総合的に判断して決めるようにしましょう。


このページのトップへ戻る

PRODUCED BY 歯医者/歯科情報の歯チャンネル