歯科 治療費の全て

歯周病の治療費 [重度]

[歯科/歯医者 治療費の全て]

TOPページ

カテゴリ
歯周病の治療費TOP
歯周病の治療費 [軽度]
歯周病の治療費 [中等度]
歯周病の治療費 [重度]
歯周病の検査費用
スケーリング(歯石取り)
ルートプレーニング
歯周外科治療(フラップ手術)
歯周組織再生療法
歯周治療後のメンテナンス
抜歯(歯周病)



歯科の治療費 一覧表

歯医者さんに無料で相談できる!
日本最大の歯科相談・情報サイト

歯医者/歯科情報の歯チャンネル
歯医者/歯科情報の歯チャンネル


歯科医院の得意分野が分かる!
"革命的"歯科医院検索システム

歯科医院検索
歯科医院検索&マッチング



様々な歯茎のトラブルを
写真付きで分かりやすく解説!

歯茎の相談室
歯茎の相談室





重度の歯周病の治療費の目安



《保険治療の場合》


内容 補足 治療費
歯科初診料 初回のみ。 600円
再診料 初診以降、来院1回ごと。 120円
歯磨き指導
330円
歯周病の検査費用 治療の始め、終わりの最低2回は必要になります。 2.000〜3.000円
×2〜
スケーリング
(歯石取り)
全ての歯のスケーリングをした場合。 800円〜1.000円
ルートプレーニング 歯1本当たりの治療費。 180円/本
歯周外科治療
(フラップ手術)
1部位当たりの治療費。 3.000円/1部位
抜歯(歯周病) 歯周病が原因の抜歯は保険適用可能です。 2.000〜3.000円
ブリッジ 抜けた歯の部位、土台となる歯の本数などにより治療費が変わります。 前歯1本の欠損 ()
:21.000円

奥歯1本の欠損 ()
:11.000円
部分入れ歯 ブリッジの適応とならない場合は、保険では部分入れ歯になります。 5.000〜13.000円
(上下どちらか片方)
総入れ歯 歯が全部抜けてしまった場合は、保険では総入れ歯になります。 10.000円
(上下どちらか片方)
TOTAL 3〜10万円程度



《保険外(自費)の場合》


内容 補足 治療費
相談料 相談料は1時間当たり1万円前後のところが多いですが、実際に治療を行った場合には無料になるという歯科医院もかなりあります。 0〜10.000円
歯磨き指導
2.000〜3.000円
歯周病の検査費用 治療の始め、終わりの最低2回は必要になります。 2.000〜3.000円
×2〜
スケーリング
(歯石取り)
1時間当たり、5.000〜10.000円程度で計算されている場合が多いです。 3.000円〜10.000円
ルートプレーニング 1時間当たり、5.000〜10.000円程度で計算されている場合が多いです。 3.000円〜10.000円
歯周外科治療
(フラップ手術)
1部位当たりの治療費。 1〜10万円/1部位
歯周組織再生療法 1部位当たりの治療費。 5〜15万円/1部位
抜歯(歯周病) 歯周病が原因の抜歯は保険適用可能です。 2.000〜3.000円
インプラント インプラント1本当たりの治療費。 15〜50万円
ブリッジ 抜けた歯の部位、土台となる歯の本数などにより治療費が変わります。 前歯1本の欠損 ()
:15〜45万円

奥歯1本の欠損 ()
:15〜45万円
部分入れ歯 ブリッジの適応とならない場合は、保険では部分入れ歯になります。 5万円〜100万円
総入れ歯 歯が全部抜けてしまった場合は、保険では総入れ歯になります。 5万円〜100万円
TOTAL 20〜300万円程度



治療内容の解説

歯周病が進行して、骨支えているが溶かされてくると、スケーリングやルートプレーニングなどの歯周基本治療に加え、歯周外科治療が必要になってくる場合があります。

基本的には、まず歯周基本治療を行い、それで改善が見られなかった部位に対して歯周外科治療が行われます。

歯周外科治療の内容は保険と保険外で大きな違いはないのですが、保険外のほうがより丁寧に時間をかけて、しっかりとした歯周外科治療が行なわれることが多いです。

また、保険外の場合には、同時に歯周組織再生療法(エムドゲイン、GTR、骨移植など)が行なわれる場合もあります。



歯周病についてもっと詳しく!





[歯科 治療費の全て] の注意事項

  • 保険の治療費は3割負担の場合の、大まかな目安(どんぶり勘定)です。
  • 保険の治療費に関しては、患者さん側の条件により料金が上下する場合があります。(例えば、歯の本数が少ない場合には安くなったり、6歳未満の子供の場合には高くなったりすることがあります)
  • 保険外の治療費はあくまでも相場ですので、歯科医院によっては当サイト内での説明と異なる場合もあります。
  • 治療を受ける際には治療費だけで治療法を決めるのではなく、治療内容や担当の歯医者さんの意見なども総合的に判断して決めるようにしましょう。


このページのトップへ戻る

PRODUCED BY 歯医者/歯科情報の歯チャンネル